家庭用防犯監視カメラが防犯対策用に普及する時代

我が国は元々海外諸国に比べて安全な国として定評がありましたが、それは過去の話になりつつあります。近年は企業あるいは金融機関や商店などの業務用だけでなく、家庭の安全管理を自分たちで行う必要があり、家庭用の防犯監視カメラを設置する家庭が増えています。普及台数の増加に伴い、センサーに録画、録音機能付きで夜間の暗視機能までついた家庭用の防犯監視カメラも安くなってきたので、いずれ住宅を新築する段階で標準装備する時代が来るかもしれない程です。また最近は、高齢者の一人暮らしの世帯が増えているので、家を留守にしたり、在宅中でも目が行き届かない時間帯が増えています。このため、出かける際に戸締りを厳重に行ってもピッキング犯罪などが多発しています。従って、家庭用の防犯監視カメラを設置してあることが分かるようにしておくだけでも防犯効果が大きいといわれるので、被害に遭う前に設置しておく方が良いようです。最近は外出中に携帯端末で監視範囲内の状況を把握できる無線ラン方式もあるので、建物内部だけでなく駐車場等も含めて複数台設置している家庭も珍しくなくなりました。

防犯監視カメラを自宅に設置するときの注意点

防犯監視カメラは家庭用の商品もあるので、多くの人に使用されている防犯グッズとなっています。しかし、自宅に設置する際には、いくつかの注意点があります。いくら防犯監視カメラだからと言って、他人のプライバシーを侵害してはいけないからです。もし他人の姿が映っていた場合は、個人情報を自分が管理しているという認識を持たなければいけません。そのため、設置する際には道を通り過ぎる人が映りすぎないように注意したり、ご近所の家の様子が映らないように気を付けなければいけません。また、防犯監視カメラが設置されていることを周知させるために、ステッカーなどを玄関先やカメラの近くに張って注意喚起をするようにしなければいけません。このような点に注意した上で、自宅の死角となる場所や防犯につながる有効な場所を検討する必要がありません。

防犯監視カメラは白黒かカラーか

古い写真には白黒が多いです。テレビも映画も昔は白黒でした。それがいつからかカラーに変わってきました。白黒からカラーにするにはかなり情報量が多くなります。現在は技術的には多くの場面でカラーが利用できるようになっていますが、必要性が少ないところでは白黒も使われています。白黒にすることによって情報量を減らし、録画する時間を長くしたり、画質を優先することができます。防犯監視カメラの場合は白黒がいいかカラーがいいかの問題があります。目的が何かを考えるとおのずと答えは見えてきます。撮影した結果で何をするかですが、何らかの問題が起きたときにその証拠、手がかりを見つけるために利用します。白黒だと色の情報が少なくなります。赤の服を着ていても白黒だとわかりません。カラーであれば色の情報がえらるのでそれをきっかけに解決につなげられます。