防犯監視カメラは夜用か昼用か

カメラで写真撮影をするとき、通常は特にフラッシュなどは光りません。でも夜などになると自動的にフラッシュがたかれることがあります。それによって暗いところでも撮影することが可能になります。おそらくフラッシュがなければ真っ暗な状態で撮影することになり、結果も真っ黒の画像のみになるでしょう。これは動画においてもいえることです。明るいところなら照明はいりませんが、暗いところであれば照明が必要になります。防犯監視カメラを設置するとき、昼をメインに使うのか夜をメインにするのかがあります。昼であれば問題はありません。外出中に異変があったときにチェックすることができます。夜に使うなら普通のタイプだと映像も真っ黒になるので使い物にならない場合があります。暗視タイプのものであったり、赤外線が使えるものを利用するのがいいでしょう。

防犯監視カメラは遠隔からチェックできるか

オフィスなどに設置されている防犯カメラは多くは集中管理をしています。ビルの中にすべてのカメラの映像が見られるようになっていることもありますし、警備会社にデータを送ってチェックしてもらっている場合もあります。何かがあったときにはその現場にすぐに行けるような状態になっていますから、問題はありません。しかし自宅の場合はどうかです。自宅でトラブルがあるのを帰宅して初めて知るようなこともあります。防犯監視カメラの中には遠隔でチェックが可能なタイプがあります。これは通信機能がついていて、何か問題がある状態になったときに携帯電話やスマートフォン、パソコンなどから画像をチェックできるようになっています。外出しているときに何かあったとしても外出先から対処ができます。怪しい人がいる場合にはすぐに帰るなどができるので事前に防ぎやすくなります。

防犯監視カメラをベランダに設置する

一戸建て住宅の防犯、マンションの防犯において要となるところとしてベランダがあります。一戸建てなら2階の南や東側に設置されることが多いでしょう。マンションは窓側に設置されやはり南や東が多くなります。一戸建てはもちろん、マンションの場合もベランダ側はセキュリティが甘くなることがあります。全戸に必要になるわけではなく、1階や2階など低層階に問題が集中するからでしょう。防犯監視カメラを設置する場所としてベランダがよいとされています。2階にあるから大丈夫と考えがちですが、2階ぐらいなら簡単に登られてしまいます。自転車があるだけでそれを踏み台にされることもあります。設置する場所はベランダの外側に光と一緒に設置することがありますし、部屋から外が見えるように設置することもあります。玄関よりも入る気が強い人なので威嚇機能があると抑制しやすくなります。